PR
Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Recommend
New Entries
Archives
Categories
リンク
このサイトに興味を持っていただいた方には、こちらが本家のページです。貧困女子とか、いろいろあります。http://ninjaid2000.hatenablog.com/
Profile
Links
Mobile
qrcode
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
2016.08.26 Friday
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    2014.01.19 Sunday
    ハーモニー
    0
      ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)
      ハーモニー (ハヤカワ文庫



JA) 伊藤 計劃 

      早川書房 2010-12-08
      売り上げランキング : 17534


      Amazonで 詳しく見る by G-Tools

       


      前作の虐殺器官で世界的に大殺戮が起きた後の、閉塞した平和な社会のダルさについて書いています。

      人々はウォッチミーというペースメーカーを体内に入れて、少しでも血糖値などに異常があれば自動的に治療されるシステムの中で生きています。

      それを可能にする分子生物学の事は細かくは書いてないですが。

      地球に完全な均衡というのはないのか。人間は自然を征服できるか。

      21世紀の科学の潮流、遺伝子工学で多くの病が治癒するみたいなことを想定しているのでしょうか。

      著者が病床でこれを書いていたことをアマゾンで初めて知りましたが、病気の人が、病気が自然治癒するシステムを拒否するのは、どういう気持ちなのか。彼の生まれるのが、あと100年遅ければ、夭折を惜しまれることはなかったか。

      コンピューターはバグを直していくけど、人間がウイルスや天災、病気などの不具合を直していった先には何があるのか、ということが、書いてあります。しかしやはりどこかに弱点はあるのではないのだろうか?完全均衡の中で人は生きられるのか?未来の人にとって、内なる自然も克服の対象でした。人にアイデンティティがなければ諍いや戦争は起こらないか。

      ミァハ、トァン、ホァンの仲良し3人組の女の子は気が付いていました、こんな停滞した世の中を変えるためには自殺して世間に復讐するしかないと、いう話です。

      そして、そんなユートピアでテロがおきます。犯行声明はクラウドで管理されているウォッチミーをハッキングで暴走させて自殺者を出し、これから人を殺せばお前はハッキングされない、つまり死ななくて済む。さあみんな、殺しあえ、という声明をだし、人々はどうしていいのかわからずにひきこもります。

      人と人とのつながりが未来を創るんダーという人などはこれを読んで死ねといったところですか。

      病気の予防ができれば医療がいらず、福祉国家に代わるユートピアでしょうか。環境や遺伝子診断で人生難易度などを診断され、受けられる福祉量が変わるとか。

      人の可能性が環境に制約されにくくなると、内なる自然=生まれつきの格差に焦点にあたります。

       

      コッソリ遺伝子工学とかやっている人は、そういうことから人々の目をそらしたくて、各地で戦争起こしたりしてますが。

      | novel00 | 日本SF | 00:22 | comments(0) | - | - |
      2013.10.10 Thursday
      NOVA 1
      0
        NOVA 1---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫 お 20-1 書き下ろし日本SFコレクション)
        NOVA 1---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫 お 20-1 書き下ろし日本SFコレクション) 伊藤 計劃 円城 塔 北野 勇作 小林 泰三 斉藤 直子 田中 哲弥 田中 啓文 飛 浩隆 藤田 雅矢 牧野 修 山本 弘 大森 望

        河出書房新社 2009-12-04
        売り上げランキング : 109122


        Amazonで詳しく見る
        by G-Tools

         

        日本のSF最前線のシリーズです。載っている作風の幅が広いので、1が駄目でも2とか、9とか、資金が惜しければ、図書館でチャレンジするとお気に入りのSF作家がみつかります。当たり確率は微妙ですが、1人あてれば、しめたものです。お気に入りの作家が、芋づる式に探せます。

        とりあえず1は、シューレティンガーの猫をSFにするとか、コンピューターの上書きみたいに現実を上書きしていくSFとか。

        敵と戦っていて、3分の1の確率で当たるが3分の2はハズれるとかで現実が分岐していってしまう、とか。

        映画化とかを絶対目論んでないというか、映像化不可能、これこそSF小説の秘境でしょうか。文体とSFの融合体です。純文学で賞を取った人も入っています。 

        上書きされて瞬間が消えてしまうとか、コンピューターのアナロジーみたいなものが文体にリミックスされているとか、そういうSF体験が好きな人に良さそうです。

        サイエンス・フィクションというより、すこし・ふしぎのSFです。科学が常人の理解できる範疇を超えてしまい、今時ハード・フィクションなんかないと思いますが。

         

        | novel00 | 日本SF | 22:54 | comments(0) | - | - |