2016.08.26 Friday
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    2014.04.17 Thursday
    二匹
    0
      二匹 (河出文庫)
      二匹 (河出文庫) 鹿島田 真希

      河出書房新社 2005-12-03
      売り上げランキング : 116338


      Amazonで詳しく見る
      by G-Tools

       


      ワンワンワン、僕は負け犬ジョン、助けてZ999、こちらはZ999、みたいなトークをする高校生というのがイメージがわかない、ウソ臭い。狂犬は保健所へ連れてかれてしまいます。

      狂犬になっても大丈夫だとか、首輪をつけて、おまえのことは俺がする、とか、キモイです。

      アマゾンには前衛と書いてあります。

      たまたま席替えで、席が真ん中になった男子が人気になり、たまたま席が隅っこになった男子がハブにされ、この2人は幼馴染で、

      そのスクールカーストの元で、どちらかがどちらかの犬になったりします。

      いじめられっこの孤島の女子高生がミュージシャンになり、おっさんVS女子高生とかいって、おじさんミュージシャンにいじられる、健ロックという音楽番組が出てきます。

      何のたとえとか、そういうことは特にないのかもしれません。

      アニメのファンダムとかでのスラッシュ(やおい、マーケット商品の中の、男性の友情や上下関係を、何でも同性愛にしてしまうパロディ創作)とかの流行の逆輸入なのか。

      日本的な湿っぽい何かとの融合なのか。

      日本の人々が、たいてい大人になってから突入する、犬臭い人間関係を風刺しているのか。

      私はむしろ、女子小学生の会話と似ていると思ったのですが、ゴッコ遊びとか。男子高生が女子小学生化する、美少女アニメの流行の風刺で何かか。

      現役の人にはバンバン感想文書いてほしいです。
      友達の手は舐めない、いやそういうこともあるよ、とか、机の並びでクラスの中心にいる人が人気ものになるという現象はないよ、とか、いや、やそういうこともあるよ、とか無限にツッコめるので、マスは埋まりそうです。

      三色ボールペンでも、男子高生が友達の質問に、ワンワンと答えるのはキモイ、とか、いやキモくないとか。

      | novel00 | - | 23:01 | comments(0) | - | - |
      2016.08.26 Friday
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 23:01 | - | - | - |
        Comment